仕入れで重要なこと

せどりで一番キャッシュに直結する作業、それが仕入れです。

いくら出品作業が早くとも、毎日のように価格のメンテナンスを行えていても、
仕入れる商品が悪ければ元も子もありませんよね。


だから、一直線にせどりで稼げるようになりたいのであれば、
仕入れのノウハウを優先して仕入れる必要があるのです。


アマゾン輸入のツールなんかも最近は登場しており、
ノウハウに乏しくてもツールがカバーしてくれるような環境が
最近は整い始めているという感覚がありますが、
やはりノウハウはあるに越したことはありません。


最低限でも、プライスチェックやアマショウの存在は
知っておくべき知識だと思っています。


ランキングや出品価格、出品者人数の推移を見ることができる
プライスチェックとアマショウは、商品の仕入れにあたって
非常に重要な「過去データ」を参照することができます。



過去データを見ることは、
将来の予測ができるということに繋がります。


過去~ヶ月に~回売れたから
今仕入れても~ヶ月以内に売れそう・・・


そういう感じの使い方ですね。


Amazonせどりといえばランキングが重視されますが、
単純にランキングに沿った仕入れを行うだけだと
不良在庫を抱えてしまうことも少なくないのです。





カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

FBAと自己発送の使い分け

いろんなサイトを見てみると、「自己発送は不必要!発送はFBAだけで大丈夫!」という
ノウハウが語られていますが、一概にコスト面以外の全てでFBAが優れているとは
あまり考えていません。


FBAのデメリットを少し考えてみました。


まず一つ目。出品の手続きをしてから出品中ステータスとして反映されるまで、
少し時間が掛かってしまうこと。
一時的にAmazonの在庫が切れているような人気商品の場合、
一日一日が勝負になるというケースがあります。

FBAの場合、出品手続き後にAmazon倉庫に商品を送り、
Amazon側が到着を確認してからようやく出品中となります。
大抵の場合、早くても1日~2日くらいは掛かりますね。


この1日2日が機会損失になるであろう商品の場合、
少しでも早く自己発送で出品した方がいい時もあるのです。


あとは、返品時の対応でしょうか。

「なぜ」返品されたのかがシステムでは分からないので、
購入者に直接聞く必要があります。

やり取りをAmazonが代行してくれるのは助かるのですが、
いざという時に少し不便なんですよね。


まぁ、ちゃんとした商品を取り扱えば問題ないかとは思いますが一応。


出品する商品の種類やタイミングによって、
FBAと自己発送は使い分けるべきではないかと思います。




カテゴリー: ノウハウ | タグ: , , | コメントは受け付けていません。

どのジャンルを取り扱うべきか

取扱いジャンルは、皆さんどうやって決めてますでしょうか?

自分が詳しいジャンル?人にお薦めされたジャンル?

理由は人それぞれだと思いますが、それぞれのジャンルの
メリットデメリットをちゃんと把握した上で取扱いした方がいいかと思います。


例えば「本」。CDと並んで取扱っているせどらー数が最も多い部類のジャンルですよね。


これは、単価が安いから初心者でも始めやすいというのと、
手に入りやすい部類であるというメリットが存在しています。


ブックオフにでも行けば安い本はたくさんありますからね~。

その中から売れる商品、高利益の商品を見分けることができるのであれば
初心者でも稼ぎやすいジャンルと言えるかもしれません。


デメリットは、ライバルが多く飽和気味なこと。
「本当に利益出るのか?」といいたくなるような非常に安い価格で売っている
ライバルも結構数存在するので、仕入れ商品の見極めには他のジャンル以上に
気を使わなければいけません。


デメリットを把握した上で、
低予算で始めたい人は本やCDで始めればいいですし、
もう少し利益率が高いジャンルを取扱いたければゲーム、
1つ1つの利益を重視するのであれば家電なんかを
取扱いすればいいのではないかと思う今日このごろです。


カテゴリー: ノウハウ | タグ: , | コメントは受け付けていません。